ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防犯・安全 > 消費生活 > 県内でプレゼントを引き換えるだけのはずが健康食品を勧められたというトラブルが増えています!無料の商品配布のチラシにご注意を!

県内でプレゼントを引き換えるだけのはずが健康食品を勧められたというトラブルが増えています!無料の商品配布のチラシにご注意を!


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0018019 更新日:2020年10月14日更新

無料の健康商品配布のチラシにご注意!

【相談概要】 

近隣の空店舗に、1ヶ月間限定で健康食品の店舗がオープンするというチラシを友人からもらった。チラシに付いていたプレゼント引換券を持って店舗へ行った。店内には日用品や食品が安価で売っており、コロナ禍にもかかわらず、高齢者がかなり密な状態で集まり、異様な雰囲気であった。
 個室に呼ばれ、「コレステロールが下がる」「糖尿病に効く」などと健康食品について説明され、「高額だが今なら値引きできる。数に限りがある。」と購入を勧められた。「1年間飲む必要がある」と言われるまま、1年分を購入してしまった。高額であるため、解約したい。

【アドバイス】 


 店舗に行ってしまっても、その場の雰囲気に飲み込まれないよう注意しましょう。そして、「限定品」「今日だけ」「特別に」という言葉に惑わされず、本当に必要なものかどうかよく考え、必要がなければ「いりません」と断りましょう。
 少しでも疑問や不安を感じた場合や契約トラブルにあったら、すぐに鹿嶋市消費生活センター(0299-85-1320)、または、消費者ホットライン(188)へ相談しましょう。

下記リンク先では、県消費生活センターに寄せられた相談の中で、手口が極めて悪質であり、今後被害が広がると予想されるため、特に注意を要すると判断した事例を紹介しています。ご参照ください。

リンク 茨城県消費生活なび「消費生活緊急情報」

https://www.pref.ibaraki.jp/seikatsukankyo/syose/sodan/kinkyu/index.html<外部リンク>


避難所混雑状況