ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防犯・安全 > 消費生活 > ネットバンキングを悪用した還付金詐欺に注意

ネットバンキングを悪用した還付金詐欺に注意


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0068122 更新日:2022年11月24日更新

還付金詐欺の新たな手口に注意!

内容

市役所職員を名乗る男性から「健康保険料の払い戻しが約3万円ある」と電話があり、払い戻しをしてもらうことにした。その後、払い戻し先の口座がある金融機関を名乗った電話があり、暗証番号を聞かれた。教えたくなかったが「キャッシュカードや通帳がそちらにあるので大丈夫」と言われ、伝えてしまった。不安になり、その金融機関に確認すると、勝手にインターネットバンキングの申し込みがされていた。(60歳代 男性)

ひとこと助言

  • 還付金詐欺はこれまでATMで振り込ませる手口が主でしたが、ネットバンキングを悪用した還付金詐欺の相談が寄せられています。役所などの公的機関をかたり「保険料の還付がある」などと電話し、還付金を受け取るためと言って銀行口座の番号や暗証番号などを聞き出し、本人に成り済ましてインターネットバンキングの利用を申し込み、預金を他の口座に不正に送金する手口です。
  • 公的機関や金融機関などが、口座番号や暗証番号などを聞き出すことはありません。絶対に教えず、すぐに電話を切ってください。
  • お金が返ってくるという電話は、詐欺の可能性があります。すぐに最寄りの警察(警察相談専用電話「#9110」)や鹿嶋市消費生活センター(0299-85-1320)、または、消費者ホットライン(188)へご相談ください。

リンク 見守り新鮮情報(国民生活センター)<外部リンク>


避難所混雑状況